クリーンエネルギー株式会社

メンテナンスマネジメント | クリーンエネルギー株式会社

太陽光発電には定期的な点検とメンテナンスが必要です。太陽光発電システムの設計・施工・保守・管理において高い信頼性を持つ弊社では、太陽光発電システムが長期にわたり稼動するための、さまざまなお手伝いをいたします。
メンテナンスの必要性
20年間固定買取制度の適用を受けるためには定期的なメンテナンスが必要です。
特に発電停止(故障)のリスクを低減させるための性能監視は必須といえましょう。
また、出力50Kw以上の発電システムは自家用電気工作物となるため、法定点検が必要とされています。
メンテナンスの回数
パネル故障早期発見、対応のため、IVカーブ測定を年1回程度お勧めいたします。
出力50Kw以上は、年に2回以上の法定点検が必要です。
パソコン、接続箱等のシステム定期点検 2年から5年に1回程度の総合点検をお勧めいたします。
パネルの洗浄 年に1回、黄砂の落ち着く5月に洗浄をお勧めいたします。
電気保安

電気保安業務

50kw以上の発電システムには、電気事業法にて定期点検が義務付けられています。
対応

現場対応

異常を確認後現地に赴き、故障個所の一時対応、復旧工事を行います。 (修理費は別途)
発電所監視

モニタリングサービス

遠隔監視システムにより365日のシステム監視を行います。
遠隔監視装置を設置している場合、発電量減少、電圧降下等発電トラブルが発生した場合、技術者が現地に急行します。
点検

システムの定期点検

年1回サーモグラフィーによる目視検査・電気技術者による保守点検を行います。不具合がある場合は、即時修理いたします。(修理費は別途)
清掃

パネル清掃・発電所清掃

パネルの汚れを綺麗に落とすとパフォーマンスが向上します。発電所内の草刈り清掃作業を行います。(別途契約)